矢那やな夫の徒然



新しい大学入試、困惑 知識より意欲・適性を重視

センター試験に代わる新しい大学入試は、今の小学6年生から対象になりそうだ。大学の個別試験での評価基準も順次変わっていく。だが、何が評価されるのかわからない高校や予備校は受験対策に戸惑う。入試を課す大学は、評価の基準作りに知恵を絞る。

引用:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/DA3S11307575.html


近い将来、日本の大学入試がペーパー試験で測る学力重視から、人物重視の入試に変わりそうです。ツイッターなどで見かけた意見を参考に、人物入試導入後の日本社会がどうなるか、予想してみました。
» すべて読む
 小林多喜二と埴谷雄高
小林多喜二と埴谷雄高 [文庫] 
著者:荒木 優太
出版:ブイツーソリューション(2013-02-20) 

 文章を書いてゆくとき、この世界で起きた事実を書くのか、自分の頭のなかでの出来事を書くか、おおよそその文章が発表される場によって決まる。小説を書くとしたら、それがいかに綿密な調査や自身についての正確な記憶に基づいていたとしても、自分の頭のなかでの話、要するに虚構だ。他方、世の中に流通する文章の多くはこの世界における出来事が書かれており、新聞や週刊誌、実用本や殆どの学術論文などは、人に聞いてまわる、図書館でたくさんの本を見る、実験や観察をする、統計を取る、なんらかの手段によって、調べた結果を書いたものである。

» すべて読む
仲里依紗は天才だ。

 ルックスが微妙な自称美人に「仲里依紗に似ているよね〜」と意地悪を言う人は少なくないが、仲里依紗(以下、仲さん)に似ている一般人がブサイクなだけで、仲さん本人は絶対に美人である。反論は一切、認めない。

» すべて読む

ネット上ではDQNとして侮蔑されるヤンキーですが、実は2種類います。


» すべて読む
NEW POST
関連本
CATEGORIES