SBS(新宿文藝シンジケート)



» すべて読む

» すべて読む

ダダ・シュルレアリスムの時代 (ちくま学芸文庫)  「日本文化論」の変容―戦後日本の文化とアイデンティティー (中公文庫) 男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学 オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義  触楽入門  ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること  巨大事故の時代 (叢書 死の文化)  ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ (単行本)  これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得  デモのメディア論―社会運動社会のゆくえ (筑摩選書)  反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 (新潮選書)


みなさまへ。件名の通り、新宿文藝シンジケート第70回会合を開催します。
詳細は下記をご参照下さい。ふるってのご参集、よろしくお願い致します。
» すべて読む

  » すべて読む





【SBS】新宿文藝シンジケート読書会、第68回概要
 
1.日時:2016年10月29日(土)18時〜20時
2.場所:マイスペース新宿区役所横店7号室
3.テーマ:青木保『「日本文化論」の変容―戦後日本の文化とアイデンティティー』(中央公論社、1990)を読む。
4.概説:荒木優太(@arishima_takeo)
⇒https://drive.google.com/file/d/0B5Z85xuBi5K3d3JTckFRZXlYd0k/view?usp=sharing
5.備考:FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1217924484925102/


» すべて読む



【SBS】新宿文藝シンジケート読書会、第64回概要
 
1.日時:2016年6月25日(土)18時〜20時
2.場所:マイスペース新宿区役所横店7号室
3.テーマ:ニコラス・G・カー『ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること』(2010年、青土社)を読む。
4.概説:新宅睦仁【ネットでバカにならないために、あるいはための。】
 ⇒https://drive.google.com/file/d/0B5Z85xuBi5K3Q1ZXMXZ3d2k3MmM/view?usp=sharing
 5.備考:FBイベントページ

» すべて読む



【SBS】新宿文藝シンジケート読書会、第63回概要
 
1.日時:2016年5月28日(土)18時〜20時
2.場所:マイスペース新宿区役所横店1号室
3.テーマ:高木仁三郎『巨大事故の時代』(弘文堂、1989)を読む
4.概説:東間嶺【巨大テクノロジーは〈死の文化〉か?CP(=Catastrophic potential)と社会の『選択』】
https://drive.google.com/file/d/0B5Z85xuBi5K3ak4xWTFXRGlVWXM/view
5.備考:FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1755360661342812/

 

» すべて読む

オウム真理教の精神史―ロマン主義・全体主義・原理主義

みなさまへ。新宿文藝シンジケート第66回会合を次の通り開催します。
ご参集のほど、よろしくお願いします。
» すべて読む

_MG_6187-Edit-Edit-Edit
(撮影:東間嶺
 

【SBS】新宿文藝シンジケート読書会、第62回概要
1.日時:2016年4月23日(土)18時〜20時
2.場所:マイスペース新宿区役所横店2号室
3.テーマ:飯田一史『ウェブ小説の衝撃』(筑摩書房、2016)を読む
4.備考:FBイベントページ⇒https://www.facebook.com/events/588703927952572/
 


◆ 上掲の通り、4月23日の土曜日夜にSBS第62回読書会が開かれました。選書は飯田一史『ウェブ小説の衝撃』(筑摩書房、2016)、レク&レポート発表は本郷保長(@HNGYSNG)およびakaヘルプライン(@helpline )の二人が担当しました。

◆ ヘルプライン(@helpline )のペーパーは本人が当該ジャンルの読者ということもあり、近年のウェブ小説におけるテーマ&モチーフの傾向、新人発掘の手法、具体的な作品の紹介も展開する力の入ったものでした。参考として以下にPDFダウンロードリンクとテキストの全文転載をしておきます。『ウェブ小説』に関心がお有りの方は、是非ご一読ください。
» すべて読む
41JPKdOpzSL


» すべて読む
NEW POST
関連本
CATEGORIES