2017年09月

画質は1080pを推奨
» すべて読む

※ 表示画質は1080pを推奨
» すべて読む
IMG_0640 (2)


終わらない夏の街角 少女からライブの告知うけ取った夢

» すべて読む

※ 表示画質は1080pを推奨
» すべて読む
画質設定は1080pを推奨。
» すべて読む
IMG_0602 (2)

接吻が卑屈の終わりだったから好きより先に行為があった

» すべて読む
きょうのてらださん---夏のあれこれ②)より続く。

ひまつら現象に襲われるてらださん

陰性症状のひま感がつらい

IMG_1777

» すべて読む
_MG_8995-Edit-Edit
吉川陽一郎《行為が態度になる時間》/撮影:東間嶺


引込線2017:吉川陽一郎《行為が態度になる時間》

■ 8月26日から9月24日にかけて、所沢市の廃止された学校給食センターを利用した、《引込線2017》という比較的大きな規模の美術展が開かれている。屋内外に広がる会場の入口付近では、参加作家の一人である吉川陽一郎氏が《行為が態度になる時間》と称されたパフォーマンスを途切れなく行っていて、そばに置かれた大きなジェラルミン・ケースには、かれが自身の、いままさに行っているパフォーマンスを木版画として刷ったものが四種並べられ、一枚200円で販売されている。

■ そして会期途中の9月3日日曜日から、そのジェラルミン・ケース上には、わたしの作った箱入りの写真/オブジェクト《行為のような演技が撮られたことは間違いないだろう》も並べられている。二年前、同じ場所で開かれた《引込線2015》で吉川氏が行った一連のパフォーマンス、《行為のような演技をすることに間違いないだろう》を撮影したもので、のべ210枚ほどの写真を蛇腹のような形態につなげたものだ。公式の出品作というわけではなく、パフォーマンスに付随した展示物、ぐらいの位置づけだろうか。
» すべて読む

» すべて読む
Embed from Getty Images

ロングビーチのマリアさま --- 03】から続く


新聞記事

長堤聖寺の場所にあったカルメル会修道院については、いくら調べても、結局よくわからなかった。あきらめて、サンタバーバラに移転したあとの彼女たちに関する情報を探した。サンタバーバラにもPoor Clare Colettine Nuns of Santa Barbaraという女子修道会があり、もしかしたらロングビーチから移転した修道院ではないかと思ったが、そうではなかった(彼女たちのウェブサイトに記された沿革には、1928年にカリフォルニア州オークランドで設立とあった)。 

その新聞記事は、上から何番目だっただろう。

サーチエンジンの検索結果に表示されたサイトのうち、カルメル会と関係ありそうなものを上から順に見てみたのだった。サンタバーバラの地域紙らしい、Santa Barbara Independent という新聞社の、2014年の記事だった。
» すべて読む
NEW POST
関連本
CATEGORIES