(卒業検定までの日々)より続く。

検定合格と免許取得

友達と遊んだ。※まだ免許取ってない(ポプテピピックのパクリです)

IMG_1707

» すべて読む




2017年上半期の映画

■ 映画を観たことについて、書くタイミングを失うことが、多い。とりわけ、映画館まで出かけたそれについて。

■ べつにたいした理由があるとかではなく、わざわざ外出までして観た映画について、いいとか悪いとか、思ったことをなるべく正確に書こうと思ってウダウダしていたら、いつのまにか「ハ?いまシン・ゴジラについて書くとか言ってる君の名は?」みたいに、それに言及すること自体がKY化しているからだったりする。

» すべて読む

猫のお尻とおやつと診察)より続く。

卒業検定までの日々

高速教習、心の叫び ※ 生きて帰れました

IMG_1466


» すべて読む




---『回花歌』梗概---
舞台は2000年代、とある大陸の西方にある街。"私"と家族は牛肉麺屋を営んでいる。街は、かつて核実験が行なわれていた土地のすぐ近くにあり、その影響を暗に示すような出来事が、家族の周囲ではいろいろと起きている。しかし、"私"と家族を含め、街の人々は核や原子力に対する正しい知識や情報を持たず、故に恐れを抱くこともない。彼らは宗教と自身の信仰心を大事にし、家族や親族、友達を大事にして生きている。「何かがおかしい」と感じられるような状況下でも、人々の生活は変わらずに続いてゆく。『回花歌』は、そんな物語である。
 

3---薬草より続く)

4--- "信仰と労働"


 夕方は、店のテーブルがすべて満席になるのは稀だった。簡易椅子を使うまでもなく、夜7時の閉店を迎えるのが常だった。牛肉麺はたいがい朝食や昼食に食べられるのが普通であるから、私達の店のメニューが牛肉麺のみであることを知ると、何も食べずに帰る客も夕方には多かった。なかにはメニューには無い料理を、無理やり注文する者もいたが、父は頑なに拒み、たとえ客が悪態をつけようとも注文を受けることはしなかった。それについて一度、兄が、牛肉麺以外の注文も受けた方が儲かるのではないかと、父に尋ねたことがあった。すると父は、我々は神のおかげで商売ができているのだから、稼いだ金は神のものであり、自らの儲けたいという欲望のためにほかの注文を受けることは許されない、もし注文を受けるのであれば、その前に神に伺いをたてるべきだろうと、静かに、そして論理的に答えた。

» すべて読む

IMG_0162 (2)

夏が来る 青い葉ばかりいちめんに広がる路地の桜の死骸

» すべて読む

写真 2017-06-10 12 41 42

» すべて読む

ダイエットの日々)より続く。

猫のお尻とおやつと診察

猫のしぃちゃんはお尻を向けて来る。

IMG_1407

» すべて読む

IMG_0076 (2)


歯磨きのチューブを搾る指先が昨夜の悪を主謀していた

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES