きょうのてらださん(春の日々、2019(新年度へ))より続く。

終わりをむかえる2018年度の春、そして平成も終わりへ。

春から学部へ異動。経理とオサラバ!(でも、t井さんが京都に行ってしまうのは寂しい)


IMG_4737


» すべて読む


きょうのてらださん(冬の日々、2019その2)より続く。

2019、春にむかう日々の記憶

まだ冬だったとき、受付のお仕事が寒すぎて、ストーブの前を陣取る。

IMG_4730


» すべて読む


» すべて読む

無責任の新体系 ──きみはウーティスと言わねばならない

» すべて読む

ゲノム編集と細胞政治の誕生

» すべて読む


きょうのてらださん(冬の日々、2019その1)より続く。

2019、ますます職場で頑張る!

t井さんとは心で通ずる仲になって来た。

IMG_4110


» すべて読む


きょうのてらださん(新職場での年末)より続く。

新しい職場での新年。

冬休みの宿題。ビジネスマナー本読書。

IMG_4116


» すべて読む


Bach


連載【芸術とスタンダール症候群】とは?

筆者が【幸福否定の研究】を続ける上で問題意識として浮上してきた、「芸術の本質とは何か?」という問いを探る試み。『スタンダール症候群』を芸術鑑賞時の幸福否定の反応として扱った。

連載は以下のように推移した。

 1. 現状の成果…龍安寺の石庭の配置を解く
 2. スタンダール症候群の説明
 3. スタンダール症候群が出る作品
 4. スタンダール症候群が出やすい条件
 5. 芸術の本質とは何か?



用語について


* 用語説明* 

反応:抵抗に直面した時に出現する一過性の症状。例えば勉強しようとすると眠くなる、頭痛がする、など。

抵抗:幸福否定理論で使う"抵抗"は通常の嫌な事に対する"抵抗"ではなく、許容範囲を超える幸福に対する抵抗という意味で使われている。



はじめに---追補編について

前回でいったん最終回とした連載【芸術とスタンダール症候群】では、笠原敏雄氏の幸福否定理論に基づく心理療法から出発し、"反応"を追いかけるという指標を使いながら、 芸術の本質に迫るという試みの過程を書きました。

その結果、最終回までに、"多機能性"、"同時成立"といった要素を有する芸術作品鑑賞時に強い"反応"が出るのではないか? との仮説を立てるに至りました。

今回はその追補編として、当連載の一番重要な部分である、第9回で書いた内容に対して、動画も使って詳しく説明していきたいと思います。

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES